精神科通院記


仕事を始める

 精神科受診して、1年ほど、お薬を飲み続けた後でしょうか。僕は正社員として、工場に就職することになりました。僕は、過去、就職をしても、うつ病からくる無気力と意欲の無さから、会社へ行くことすら億劫で、仕事が1ヶ月も続いた試しがない人間だったのです(笑)。そんな僕なので、今回の就職はどんな結果になるだろう?と不安になりながら、それでも頑張ろうと決意して、仕事を始めたのでした。

 対人恐怖は薬物療法のおかげで、完治していたので、人間関係においてはなんの問題もありませんでした。他の従業員とも、仲良くなれました♪ 皆さん、とてもよくしてくださる方ばかりで、本当にありがたかったです。仕事内容についても、きつくもなく、職人的な仕事で、楽しんで働くことが出来ました。

 そうして、仕事を始めて、何より驚いたのがですね。過去、十数年、就職しては毎回のように1日で退職してきたこの僕が、その後、半年も働けたことなんですよね。なんの苦痛もなく、自然に働くことが出来たんです。仕事に行くのが当たり前のような感覚になって、仕事に行かないことが不自然に感じるくらいになりました。薬物療法のおかげで、うつ病の意欲の無さがよくなり、意欲が出てきた証拠ですよね♪

 結局、この仕事は半年で辞めてしまいました。理由は、いつも僕に嫌がらせをしてくる、社長の兄がいたからなんですけどね。キレて、喧嘩になりそうで、ストレスがめちゃくちゃたまって、仕事どころじゃなかったので、辞めてしまいました。仕事って人間関係が本当に大事ですね。










精神科に通院するということ

 精神科通院記を1から、ここまで読んで下さった方、本当にありがとうございます(^-^) 以上のように、精神科へ行き、精神科医に診察してもらい、精神科医から直接治療行為をしてもらい、それと同時に、薬物療法をすることで、僕の対人恐怖症は完治しましたし、うつ病も働けるくらいに軽くなりました♪

 もし、あなたが精神科や心療内科へ行くことを悩んでいたり、恐れていたりするのなら、それは杞憂というものです。これらの病院は、内科とほぼ同じようなものです。むしろ、最近はインテリアに凝っていたり、よりリラックスできるように、ホテルの待合室のような雰囲気だったりと、いろんな工夫がなされている病院が多くなっています。なので、安心して入れますよ(^-^)

 そして、これが一番不安なんだと思うんですね。それは精神科等で処方される、お薬を服用しても大丈夫なのか?、ということです。僕の個人的な体験では、副作用は一切ありませんでした。もちろん、副作用が出る場合もあります。ただ、その副作用というのも、風邪薬を飲んだ時に眠くなるようなのと、同じ程度のものだということを覚えておいてください。けっして怖い薬じゃないんですよ♪ 最近は特に安心して飲める薬が増えていますので、安心してくださいね(^-^)

 僕がこの精神科通院記で書いてきたように、僕の場合は、精神科に通院することで、症状が随分と改善しました。まだ精神科や心療内科で受診していない方も、是非、治療を受けてみてください。驚くほど効果があります。すぐに効果が実感できるわけではありませんが、毎日、きちんとお薬を飲んで、医師にしっかりと自分の症状を伝えることが出来れば、必ずよくなっていきますよ。なので、是非、通院してみてくださいね(^-^)





















精神科通院記1精神科通院記2精神科通院記3精神科通院記4トップ